オンラインカジノは日本で違法か合法か?法律について知っておこう

こんにちは!今回は、実際にオンラインカジノを始める前に、誰もが一度は気になるであろう心配ごとについて解説していきますよ。

早速ですが、あなたもオンラインカジノを日本でプレイして法的に大丈夫なのか・・?合法ではなく違法でなないのか?と思った経験があるのではないでしょうか。

せっかくお金を稼げても、捕まってしまったら元も子もないですものね・・。

今回はそんなお悩み「オンラインカジノは日本で違法か合法かについての法律」を解説していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

海外ではオンラインカジノは合法であり違法ではない

まずはじめに、海外の大手オンラインカジノサイトは合法で、健全に運営を行なっています。

外国でオンラインギャンブルが合法との場合、運営許可証(ライセンス)をしっかりと得て運営しているオンカジについては違法でなないのです。

反対に、その国自体がオンラインギャンブルを禁止していなくても、ライセンスを持っていないカジノサイト(免許がない状態で運営しているオンカジ)については悪質で違法なものが多いので、大切なお金を賭ける前に念入りに確認を行なってくださいね。

ココが安心!

もっとも、当サイトで紹介しているカジノサイトはすべてライセンスを所得している合法で優良サイトとなりますのでご安心くださいね。

 

日本でのオンラインカジノは違法?

日本内で運営されているオンカジは違法

上記では「海外ではオンラインカジノは合法であり違法ではない」と説明しました。

その一方で日本国内で運営されているオンラインカジノサイトは全て違法
なぜなら、日本では国営・公営のギャンブル以外は認められていないからです。

日本国内で認められている主なギャンブルは、競馬・競輪・競艇それに宝くじなど。これらはすべて合法。

それ以外の麻雀や花札などのゲーム、また野球や相撲などのスポーツにお金を賭けることが法律で禁止されていることは皆さんもご存知かと思います。

 オンカジの違法ライン

同じようににオンラインカジノも国が認めていないギャンブルである以上、国内での運営者はもちろんプレイヤーも法律を犯したとみなされてしまいます。

海外オンラインカジノの使用はグレーゾーン

「国内で経営されているオンカジは違法となる」ことはお分かりいただけたかと思います。

では、日本国内から、海外のオンラインカジノを使ってしまった場合はどうなるのでしょうか。
その答えはズバリ、合法でも違法でもない。つまりグレーゾーンとなります。

海外のサーバーを使用して運営されている、いわゆる海外オンラインカジノを日本から使うことは、現行の日本の法律では裁けないというのが正しい表現になるかと思います。
ですから合法ではありませんが、完全にそれが日本の法律違反となるとは言い切れないのが現状。

 補足

しかし、海外のオンラインカジノは違法ではなく合法、またはグレーではあるかもしれません。

そのため安心して遊べるんだ。と思うのは時期尚早。
海外のサイトが詐欺であるかどうかというのは自分で判断しなければなりません。

オンラインカジノ詐欺やイカサマオンカジの見分け方】という記事では海外のオンカジサイトの詐欺の見分け方や特徴について解説していますのでご覧ください。

話を戻しますが、では海外オンラインカジノの使用で捕まることはないの?と不安に思うかもしれません。

以下で詳しく解説します。

 

日本の「賭博法」では摘発することができない理由

逮捕の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

グレーゾーンと聞くと、なんだか不安になってしまいますよね。

でも、安心してください。あなたが日本で海外オンラインカジノを利用しても捕まってしまうことはないですから
日本国内でギャンブルを取り締まる法律が賭博法というのは有名ですが、該当する内容は2種類あり、以下の通りです。

賭博法

第185条 単純賭博

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

第186条 常習賭博および賭博場開帳等図利

  1. 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
  2. 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

出典:一般社団法人GBL「研究所風俗営業許可、公営ギャンブルおよび賭博について」

この内容を見てどう思われましたか?
もしかしたらもっと不安になってしまったかもしれませんね。

この文面だけ見ると、完全に違法な感じがしますよね。
ですが、この2つの法律にはある前提があるのです。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とするということ。

つまり、賭博犯を捕まえるためには、その胴元を特定し検挙することが第一条件。

もっとわかりやすく言えば、胴元を検挙して初めて、賭博法違反者を捕まえることができるということになります。

しかし、オンラインカジノサイトの胴元である運営会社は、合法的に運営ができる海外にありますよね。
その上、その国の運営許可証も取得しているわけですから…

海外で法律にのっとって健全に営業しているオンラインカジノを遠く離れた日本の法律で取り締まることができるはずもないのです。

というわけなのでやや屁理屈をこねているような感じですが、海外の有料オンラインカジノを利用している分には問題なしということがおわかりいただけたと思います。

 

海外のオンラインカジノは海外の法律が適用される

前述の他にも、オンラインカジノで遊んだとしても違法とはみなされにくい理由がいくつかあります。

例えば賭博法を含む、日本の法律が制定されたのは今から約100年も前のことですから、当然インターネットが普及する前でした。
したがって現在のようにネットを使い合法でも違法でもないユーザの行いを完全に取り締まることは難しいのです。

実際、世の中にはオンラインカジノ以外にもたくさんのグレーゾーンなサービスや行為があふれていますし、挙げだしたらキリがないですよね。

また、先ほどもお話した通り、利用者は居住国の法律、サービスの提供者はサーバーが所在する場所の法律で取り締まられます。

仮に海外のオンラインカジノを利用している日本人を取り締まろうと警察が動いたとしても、それは物理的に不可能なのです。

なぜなら現在の日本の警察は、海外のサーバーにまで及ぶ捜査令状を取得することができません

ポイント

つまり、海外のオンラインカジノに、日本人利用者の個人情報や、履歴を開示させる効力がないため、捜査に踏み切ることさえできないのです。

    違法ではなかった!オンラインカジノの摘発事例について

    上記の様々な理由から、オンラインカジノは日本の法律では裁けない。つまりグレーゾーンなのだということがおわかりいただけたかと思います。

    ただしグレーゾーンはグレーゾーンなので、おおっぴらにSNSで収支を公開したり、個人を特定できるような言動はせず、あくまで個人の責任の範囲内で楽しむことを強くオススメします。

    実際に、検索窓でオンラインカジノ、と検索してみると・・「逮捕」や「摘発」などの物騒な関連ワードが出てきますので、ヒヤヒヤした方もいるのではないでしょうか?

    摘発事例の詳細についてはこちら↓の記事で解説します!こちらを読んでいただければ、個人の責任の範囲内でひっそりと楽しむ方が得策だな、と納得していただけると思います。

    あわせて読みたい記事

    関連記事:ネットカジノの摘発事例はある?こんなカジノは危険 準備中

    今後、オンラインカジノは違法になる?

    ここまでオンラインカジノの違法性についてお話をしてきました。
    結論としましては、今のところは日本国内において海外で営業しているオンラインカジノを使ったとしてもそれを違法とする法律はありません。

    ハッキリと合法と言い切ることはできませんが、違法とも言い切れない状態で、現在の日本の法律では手出しができない状態にあります。

    しかし2016年の終わりにIR整備推進法案(通称:カジノ法案)が可決されたことから、将来日本にもカジノ施設ができることはすでに決まっていますね。

    インターネット上で行うオンラインカジノに対して、実際に行うカジノはランドカジノと呼ばれていて、日本に入ってくることが決まったカジノ施設も後者のランドカジノです。

    しかしカジノが日本にできるということは、オンラインカジノも法整備もされていくと考えるのが自然ですので、個人の意見としては、オンラインカジノも合法化に向かっていくのではないかなと考えています。

    すでにカジノが認められている国では、国家の財源確保のための計画として認可がされたので、日本でも同じような動きになるのでは?という予想です。

    合法の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

    オンラインカジノはグレー、でも店舗型カジノは違法

    さて、せっかくですから店舗型カジノについても触れておきましょう。

    店舗型カジノはインターネットカジノ店(通称:インカジ)とも呼ばれているもので、もしかしたら耳にしたことがあるかもしれませんね。

     日本のインカジは法律違反

    ただし、オンラインカジノと同じような言葉の響きとは裏腹に、インカジは完全に違法なので注意が必要です。

    というのもオンラインカジノとインターネットカジノ店では全く異なる業務形態を取っています。

    インカジ店は俗にいう闇カジノ裏カジノなどと呼ばれているもので、実際に日本国内にある実店舗で客にプレイをさせ、その場で現金精算ができるカジノです。

    しかしこちらは既出の賭博法にのっとって厳しく取り締まられる対象ですし、どのみちカジノ法案が通ったばかりの日本では当然違法になりますので、間違ってもインカジには足を踏み入れないようご注意くださいね。

    違法オンラインカジノ店、またまた摘発 | カジノおたくCAZY(カジー ...

    パチンコも実は違法、またはグレーじゃないの?

    ここまで読んでみてよくよく考えたら、そういえばパチンコもグレーなのでは?と思った方がいらっしゃるのではないでしょうか。

    その通り、パチンコもグレーゾーンなんです。
    数字や絵柄が揃って当たりになれば出玉がたくさん出て、それを換金してお金にする、という流れは皆さんご存知かと思います。

    ただ、出玉をどのように換金するか、という点は実際にパチンコをした経験のある方にしかわからないかもしれませんね。

    詳細をお話すると長くなってしまうので簡単にしますが、これだけはお伝えしておきたいと思います。

    先ほどお話した、完全に違法と言われているインカジ店と一点だけ明らかに違うところは、この換金方法になります。

    店舗内でお金を換金できるインカジ店とは違い、パチンコの換金方法は三店方式というものになります。

    簡単にいうと、パチンコ店で出玉をお金に変えてくれることはありません。

    MEMO

    出玉の数に応じて、カウンターで景品と交換してもらい、その景品を持ってお店を出て、たまたま近くにあった景品買取専門店に売ってお金にするというような方法を取っているので、違法ではないとされているんです。

    なんとも、回りくどいというか、屁理屈というか・・でも、パチンコをしても捕まらない理由は、こういう仕掛けがあってのことなのです。

    パチンコはグレーゾーンとはいえどほとんど国公認のギャンブルと言ってもいいのではないでしょうか。

     

    違法になってからでは遅い!安全にオンラインカジノを楽しもう

    いかがだったでしょうか。
    本記事ではオンラインカジノは日本では合法なのか?違法なのか?という法律についてお話をしてきましたが、あなたの不安は解消されましたでしょうか?

    個人的にはカジノ法案が可決されたこともあり、これからのオンラインカジノ界隈は明るいのではないかな?と考えています。

    ただ、現在のところはグレーゾーンとなっていますので、海外製で、且つきちんとライセンスを取得している、安全なオンラインカジノでプレイしてくださいね!

    このサイトではオンラインカジノの選び方やお得な情報を随時お届けしますので、ぜひご覧ください!

    おすすめの記事