綺麗に写るんです

高精細度テレビジョン放送とは

2000年代、蓄積型放送さーびすにしてもそうですがテレビ業界でありとあらゆる試みが行われていきました。現在の地上デジタル放送にしてもそうですが、それまで見ていたテレビが今まで見たことがないくらいに美麗な映像で楽しめるようになったのは、良いことだろう。中には余計なことをしてくれやがってと思った人もいるはず、特に地上波の放送がデジタル放送へと切り替わるのが正式に決まった時には、日本全国でそれまで薄型の地上デジタル放送対応規格のテレビを持っていない人々は購入を余儀なくされてしまった。既に買っていた人にはあまり意味のないものだったかもしれないが、だいぶ被害を受けたのは中高齢者の人々だ。テレビを見るとはいっても、最新型を購入してもそこまでする必要はないと考えていた矢先に、今持っているアナログのブラウン管テレビが見られなくなると宣言されれば、当然黙ってなどいられないだろう。

テレビ業界の技術が発展していく中で一番目立っていたのは、映像が綺麗になっていったという点だ。それこそこれまでよく見えなかったところまで見えるようになるなどして、芸能人の人々もこれからはメイクに気合を入れないと見られてはいけないところまで見られてしまうと、危惧する声も上がっていたというからリアル過ぎる。そんなテレビ業界、映像の美しさという点に特化した意味で『高精細度テレビジョン放送』、ここからがすべての始まりと言える。

人気のテレビ

通称、HDTV

高精細度テレビジョン放送とは、2000年代に入った時に登場した技術となっており精細な映像を楽しむことが出来るのが一番の売りとなっている。それまで少しノイズが走ったような画面をずっと見続けなければならなかったのが、これからは綺麗な映像で楽しめるというならそれに越したことはない。

ただ高精細度とはいっても、それがどの程度凄いものなのかは素人目線では中々分かるものではない。なのでどんなものなのかを調べてみると、日本の放送における電波法施行規則の中ではこのように紹介されている。

  • 走査方式が1本おきであり、1つの映像の走査線数が1,125本以上のもの
  • 走査方式が順次であって、1つの映像の走査線数が750本以上のもの

この規定に則っている映像がここでいうところの高精細度テレビジョン放送と言われている。

走査方式とは

ここで使われている走査方式についてだが、同じく電波法施行規則において『走査』とはこのように定義されている。

画面を構成する絵素の輝度又は色に従って、一定の方法により、画面を逐次分析していくこと

どういうことかというと、画面に映し出されるものは常に一定の絵素と輝度はあるものの、全てが全て同一であるわけではないため、それらをきちんとした形で映像として放送するには、常に分析をすることで微細の変化も見落とさないようにするということだ。普段見ているテレビの映像でそこまで難しい技術が使われているのかというのも驚きだが、気づかないくらいに技術革新が進んでいる証拠でもあるのかもしれません。

こうして調べてみると人間が成し得た技術の粋は、見事なものだと改めて思い知らされるところだ。

画質で選ぶなら FX 主要通貨についてご存知ですか? 知っているだけではこの世界で利益を上げる事は出来ません、自分がどのように資産運用をしていくか考えていくためにも、当サイトでFXで取引されている主要通貨とは何かを知っていただければと思います。
ペットと一緒にお部屋探しするならハウスギャラリーのペット可物件特集をぜひご覧ください!八尾 賃貸 http://www.house-gallery.co.jp/大切なペットと快適に暮らせる物件をご紹介致します。気になる物件がございましたらお気軽にお問い合わせください。

どんなに映像を綺麗にしても

ただ高精細度テレビジョン放送にしても、これらを最適に放送するためにはそれらを的確に再生するための機器がない限り不可能となっている。アナログテレビでは地上デジタル放送が見られないように、映像にも再生するためのシステムが根本から異なっていると折角の綺麗な映像も楽しめないのだ。地上デジタル放送を始めてみた時、思わずアナログ放送とを見比べてみた際には、映像が雲泥の差といえるくらいに違っていたと感じた人が多いはず。

ただ映像の美麗さを楽しむにしても、機器によって解像度とフレームレートなどが少しでも異なっているだけで本来の映像美は堪能できない。世知辛い話だが、映像にこだわりを見せるならそういったところまでこだわらないと駄目だというから、テレビ選びも楽ではない。アナログテレビではそこまで深く突っ込んだところまで気にする必要はなかったかもしれないが、HDTVが出てきたことで事情は一変してしまったと言える。

ゆったり楽しむには