美しさが鮮明に

超高精細度テレビまで登場

高精細度テレビジョン放送の登場によって、これまでテレビに対する印象が一変したのは言うまでもないだろう。それまで気にすること無く、アナログテレビを見ていた人にとって地上デジタル化は圧巻といえるくらいに衝撃を覚えたはずだ。ただこうした地上波の放送が綺麗になったのはいうまでもないが、技術革新によりその美麗はどこまでも伸びている事をご存知だろうか。

現在、地上波のデジタル放送における画像の精細度は『2K』といわれる。これだけでもかなり鮮明な美麗画を堪能することが出来るので、不満を持つ人は早々いないだろう。いるとすればこれ以上の、2K以上となる『4K』レベルがいつも見慣れているものになってしまうと、少し見づらく感じてしまうかもしれません。ただ2Kだったり4Kだったりといった言葉を使用してもイマイチ実感が無いという人もいると思う。これらの画質の綺麗さは『画素』という言葉で表すことが出来る。

先程から話をしている2Kだったり4Kだったりを画素で表すと、

  • 2K=約200万画素(HD放送)
  • 4K=約800万画素(映画・カメラなど)

このようになっている。

ではこれらの映像が今より遥かに綺麗になると言ったら実感は湧くだろうか。実際総務省には4K以上となる画素を有する『8K』に関する規定も登場している。この8Kは通称『超高精細度テレビジョン放送』と呼ばれている。今以上に映像美を体感できる、というだけでも興味が湧いてくるのでそんな超高精細度テレビジョン放送について話をしていこう。

人気のテレビ

基本的には大画面で

2K、つまり地上デジタル放送でも用いられている高精細度についても登場した時にはそれだけの注目度を集めたが、技術者の底力とでもいうべきかこの程度で終わらないとばかりに技術の発達は続いていた。その証拠として4Kと8Kという基準まで出来上がった。ただこれらの映像技術をきちんとした形で放送するためにはそれなりの機器が必要なのはもちろんのこと、技術的なレベルでも実用化に向けて未だ開発が続けられているという。

特に4Kは現在のところ映画や関連機器などのコンテンツ市場へと流入して市場が活発化しているなど盛んに盛り上がっている。また新たな映像符号化方式も国際標準化されるなど世界規模で映像美のランク規定が改革されている。この動きに応じるように諸外国などでも新技術として4Kを積極的に導入し、日本もそうだが将来的には2Kから4K規格を基準とした放送にしていこうとする動きも出ているというから、さぁ大変。

こうなったら当然、その映像美をきちんと再現できるテレビの購入が不可欠となる。躍らされている感が半端無いのだが、それで満足いくテレビが楽しめるならやむ無しといったところか。

まだまだ開発段階

4Kを本格的に導入していこうとする動きが強まったのは昨年2014年のこと。2014年に開催されるリオデジャネイロで開催されたワールドカップを、視聴者の中には4Kで見たいという人達向けに放送が届けられるように環境を整備する案が立てられていました。それだけでも寝耳に水だという人もいるかもしれませんが、まだこれからが本番なのです。

何とゆくゆくは2020年に開催される東京オリンピックでは、希望する視聴者には4Kもしくは8Kの環境の下でオリンピックを視聴できるようにしていきたいとする意向を示しているのだ。その前、来年2016年行われるオリンピックにおいては、8Kの映像美で関心のある視聴者に限定して体験できるような環境整備をしていくことが目標に掲げられてもいるので、これらの話は実に興味深いところだ。

今でも相当綺麗な方だと思う、ただ中にはこれ以上綺麗になるなら越したことはないと考える人も出てくるでしょう。そんな人達はオリンピックを目安にして対応テレビなどに買い換えるというのもありかもしれませんね。

画質で選ぶなら

今後の進展が気になるところ

4Kについては映画などにおいて既に体感している人も少なく無いだろう、ただこれ以上となる8Kともなると映像がどの程度まで綺麗になるのか見当すらつかない。今でも綺麗なのにこれ以上綺麗にする必要があるのか、という疑問をぶつける人もいると思いますが、きっと世間の裏側で繰り広げられている様々な事情が絡んでいると思ってくれればそれでいいだろう。深く突っ込んで調べると、怖い人たちに攫われて、仕舞われちゃう可能性もあるので気をつけてください。

ただ綺麗になればそれ以上に越したことはない、今以上に綺麗と感じるものを綺麗と思えるままに見て感じられるならむしろ不満などありはしない。ただテレビに出る人たちにとっては、人としては当たり前でも、見られて気になる自分の肌の状態が悟られてしまう、なんてことになってしまうので別の意味で人によっては注意が必要になってくるだろう。今後の躍進がどうなるか楽しみな分野でもありますね。

ゆったり楽しむには

住宅によって大きな違いとも言える間取りについて、並々ならぬこだわりを持っている方もいるでしょう。 そのせいですぐ決まるはずの物件が決まらなかったりしますが、こだわらないよりはこだわるべき点といえるでしょう。 そんな気になる中古一戸建て賃貸情報は中古一戸建て 賃貸 間取りからどうぞ!
化粧品のことでお悩みのあなたへ。アクセーヌ日焼け止めならピエールは化粧品販売ひとすじ50年!あなたにあったお化粧のアドバイスをさせていただきます!毎月、化粧品はプレゼントキャンペーンや売り出しセール等実施しておりますので、お買得感満載で喜んで頂けると思います!